美容皮膚科

皮膚科・美容皮膚科

美容皮膚科

当院は美容皮膚科を主目的とした医療機関ではありませんが、「皮膚の問題すべてに対応する」一環として美容皮膚科診療をおこなっています。

国内に導入されている美容皮膚科的治療手段をほぼすべて経験した上で、それらの中から厳選した治療手段をご用意し、高いレベルの美容皮膚科診療をおこなっております。

症状別 治療内容のご案内

シミ

ポイントは、シミの深さ
加齢とともに生じるシミの多くは表皮(浅いところ)に存在します。過剰なメラニン色素が表皮にあれば、レーザーよりも軽いIPL(フォト)治療や塗り薬で、多くは治療が可能です。一方、青っぽいあざ(蒙古斑・太田母斑)や入れ墨など、色素が真皮(深いところ)に存在する場合はレーザー治療が必要です。
日光黒子(老人性色素斑)
肝斑
そばかす(雀卵斑)
老人性いぼ(脂漏性角化症)
太田母斑、異所性蒙古斑

しわ

比較的容易になったシミ治療と比べて、やや困難

重症な火傷を負った皮膚は、時に引きつれてしまいます。このことを応用して、傷跡をつくらず(皮膚の表面を火傷させず)に、深部だけを熱刺激で張りを出そ うというのが、多くのしわ治療機器に共通した原理です。近年、ようやく持続的な効果が得られる治療機器が出現しました。

外用剤による治療
IPL(フォト)治療
RF治療

ホクロ

切除手術
レーザー治療

赤ら顔

IPL(フォト)治療

ニキビ

ニキビの原因

ニキビは、皮脂腺で作られた皮脂が毛穴に詰まって生じます。皮脂分泌が多い思春期のニキビと異なり、成人のニキビは、必ずしも脂性肌(オイリー肌)ではありません。これは主に、過剰な角質が毛穴をふさいでいるのが原因だからです。

保険診療
IPLピーリング
ケミカルピーリング
超音波クレンジング・イオン導入
サプリメント

毛穴の開き

トレチノイン外用
IPL(フォト)治療
IPLピーリング
超音波クレンジング・イオン導入
部位別 治療内容のご案内

フェイシャル

IPL
IPLピーリング
超音波クレンジング・イオン導入
RF
IPL・クレンジング導入セット

ボディ

背中クレンジング
IPLピーリング
IPL (両手)
RF